JA秋田厚生連 秋田厚生医療センター


地域包括ケア病棟のご案内(入院される患者さま・ご家族の方へ)

H28年4月より国の方針に従い、当院5階西病棟を【地域包括ケア病棟】として運用することとなりました。
スムーズに在宅復帰していただくために、「地域包括ケア病棟入院診療計画書」に基づきスタッフが協力して患者さんの医療・在宅支援を行います。

地域包括ケア病棟とは?

入院治療後、病状が安定しているものの退院に不安を抱く患者さんのために、医師・看護師・リハビリスタッフと医療ソーシャルワーカー等の在宅復帰支援担当が在宅復帰・早期退院に向けて協力し、患者さんが安心して退院できるように支援する病棟です。

具体的にどんな患者さん?

急性期の治療を終了した患者さんが対象となります。
  1.在宅(施設)復帰に向けて、リハビリが必要な方
  2.在宅での療養準備が必要な方
  3.主治医の判断により経過観察が必要と認めた方

どんな場合に病棟に移るの?

一般病棟にて治療後、主治医と病院の判断により、在宅復帰に向けてリハビリや療養環境の整備、経過観察が必要と認めた方は「地域包括ケア病棟」に移動し、継続療養していただきます。その際には、患者さん・ご家族にご説明いたします。ご理解・ご協力をお願いいたします。

このページの先頭に戻る