JA秋田厚生連 秋田厚生医療センター


感染管理室

安全で良質な医療を提供する為に院内で発生する感染を未然に防ぐ為の対策を講じ、院内のスタッフに周知徹底してもらえるように働きかける組織です。

組織構成

感染対策委員会(ICC:Infection Control Committee)
感染対策における最終決定機関です
感染対策チーム(ICT:Infection Control Team)
ICCの方針に対応してより具体的な感染対策の計画・活動方針・基準手順などを立案、実施、評価する組織です。
看護部リンクナース委員会
ICC、ICTに対応して看護現場の役割モデルとして活動します。
病棟内の問題を把握しICTへ問題提起する組織です。

ICTメンバー

医師・看護師・薬剤師・検査技師・事務の他職種で構成されるメンバーで活動しております。

感染管理室業務内容の特徴

1. 組織・システムの構築

1)感染対策委員会・ICT会議の運営
2)感染対策に関する年間計画と評価
3)マニュアルの作成と改定



2. サーベイランスの実施

1)日常的な感染率の評価
2)アウトブレイク発生時の疫学調査及び、分析・解釈・感染対策の提言
3)院内で発生した感染症についての調査・相談・指導

3. 感染防止技術

1)標準予防策を基本とする感染対策の指導確認
2)感染経路別予防策の指導確認

4. 感染管理教育

1)年2回以上の感染対策研修会の計画立案・実施
2)その他、必要な内容を必要部署に個別研修を計画立案・実施




5. 職業感染防止に関する取り組み

1)血液体液曝露事故に対する対応の検討や調整
2)就業制限に関する検討、アドバイス

6. ファシリティマネジメントに関する取り組み

1)ゴミ、リネン、空調などの確認
2)清潔・不潔のゾーニング

7. コンサルテーションの実施

1)感染対策についての相談

8. 保健所との連絡窓口

1)届け出感染症についての情報提供など

9. 感染防止対策加算に伴う、合同カンファレンスの企画運営

10. 地域連携加算にともなう連携病院との相互評価の企画運営

11. 医師、薬剤師、検査技師が中心になり抗菌薬適正使用に向けての取り組みを実施

このページの先頭に戻る