JA秋田厚生連 秋田厚生医療センター


MEセンター

近年、高度化する医療機器は医療の重要な一翼を担っています。高度化した医療機器の操作・保守点検には医療的知識だけではなく、工学的知識も必要となってきます。 MEセンターでは医療機器に対する臨床業務提供と保守管理を行い、医療の質の向上と安全な医療の提供を目指しております。

スタッフ
MEセンター長1名(循環器診療部長兼任)と臨床工学技師6名により構成されています。(平成21年4月現在)

MEってなに?

MEとはMedical Engineerの略で、臨床工学技士のことです。CE(Clinical Engineer)とも呼ばれています。

臨床工学技士とは

臨床工学技士とは、法的には「医師の指示のもと、生命維持管理装置の操作及び保守点検を業とする」とされており、高度化する医療機器のスペシャリストと言えます。 1987年に制定された比較的新しい医療国家資格です。

業務内容

各業務はローテーションを行なっており、又、24時間体制にて緊急時にも対応しています。

循環器関連業務

心臓カテーテル

心臓カテーテル検査におけるポリグラフ操作や、PCI(経皮的冠動脈形成術)時のポリグラフ操作、IVUS(血管内超音波法)操作、体外ペーシング操作、 LABP(大動脈バルーンパンピング)の操作などを行なっています。
又ペースメーカー植え込み・交換時のアナライザー操作、週一回のペースメーカークリニックも行なっています。

心臓カテーテル検査とは、心疾患(心筋梗塞や狭心症など)のある患者さんに対して、心臓まで細かい管(カテーテル)を通し検査を行なうことです。

血液浄化関連業務

血液浄化業務

腎臓の機能が低下した患者さんに対して、尿として排泄できなくなった体内の水分や老廃物などを、人工腎臓(ダイアライザー)により除去する血液透析(HD)をおもに施行しています。

当腎臓病センターは54床あり県内一の規模となっています。コンピューターによる中央監視システムを導入しており、通常の血液透析業務の他に、コンピューター管理、 血漿交換や血液吸着法等の特殊血液浄化法も行っております。又、透析患者監視装置や透析液供給装置等、腎センター内の殆ど全ての機械の保守管理、メンテナンスを行っています。

手術室業務

手術時の出血に対し、自己血改修装置の操作を行なっています。麻酔器の保守管理も行なっています。

医療機器保守管理業務

保守管理

人工呼吸器、徐細動器、輸液ポンプ、シリンジポンプのMEセンターで中央管理しており、保守管理・メンテナンス・貸し出し業務を行っています。 人工呼吸器に関しては使用中の巡回点検も行っています。

今後、MEセンターで中央管理を行う機種を増やしていきたいと考えております。

このページの先頭に戻る