JA秋田厚生連 秋田厚生医療センター


薬剤科

仕事の内容

病院の薬剤師ってどんな仕事をしているかご存知ですか?
病院薬剤師の主な仕事は病院によって異なりますが、当院では以下のような業務を行っています。

 

調剤室

外来患者さんの院内処方箋調剤と、入院患者様の処方箋調剤を中心とした仕事をしています。

  

  

製剤室

院内特殊製剤(市販されていない消毒剤や軟膏、当院独自の製剤の調製)などを行っています。

無菌室

無菌でクリーンベンチを備えており、高い衛生状態を必要とする高カロリー輸液(中心静脈栄養輸液)の調製、点眼薬の混合調製、抗悪性腫瘍薬の調製などを行っています。

高カロリ-輸液の調製風景
 

薬品情報室(DI室)

患者さんに医薬品を有効にかつ安全に使用して頂くため、医師、薬剤師、看護師、他の医療従事者の質問に対し情報を提供し、また重要な医薬品に関する情報を病院内へ伝達する部署です。

最近では、医薬品の副作用や何種類もの医薬品が処方されている場合の相互作用についての問い合わせが多くなってきています。これらの質問に対して迅速に対応するため、日頃から書籍や学術雑誌などを整理保管しています。また市販のデータベースを利用し、コンピュータで検索ができるように整備しております。さらに、インターネットを使用し最新の情報も入手しております。

薬の相談室

患者さんに、薬の飲み方や使い方を説明するときに利用します。薬について、何か疑問がありましたら、お気軽に薬局カウンターまでお越しください。

病棟での服薬指導

現在、一部の病棟で、患者さんのベットサイドで薬についての説明をしたり、質問にお答えしたりしています。主に、薬の効果・飲み方、副作用、相互作用、注意事項などについてお話しています。

薬に対する不安や疑問をなくし、安心して服薬できるよう心がけています。

薬品管理

薬品(内服薬・外用薬)がいつも最適な状態であるように、室温・冷蔵庫などに区分され、それぞれの医薬品が最も望ましい環境で保管されております。

また、法律で規制のある特殊な医薬品は、厳重に管理保管されています。

 

このページの先頭に戻る