JA秋田厚生連 秋田厚生医療センター


初期臨床研修プログラム

募集要項 / 初期臨床研修プログラム / 後期臨床研修プログラム

概要

プライマリーケア研修の充実に最大の主眼をおいたプログラムとしており、特色は以下の3点である。

1)「救急」研修3ヶ月は救急診療科1ヶ月、救急センター内外傷外科ユニット(整形外科担当)ないし脳卒中診療ユニット(脳外科担当)で1ヶ月、残り1ヶ月は通年型プログラムとして救急センター時間外救急研修にあて、当院の特色である1次・二次救急研修を充実化したこと。

2)「地域医療」を2ヶ月とし、地域連携病院においてへき地・在宅医療、介護施設巡回診療および住民健診など地域医療全般の研修を広く経験できるようにした。

3)今回の改正で『選択必修(2科3ヶ月)』とされた5診療科での研修を、外科2ヶ月、小児科1ヶ月、麻酔科1ヶ月、産婦人科1ヶ月、精神科1ヶ月の計6ヶ月に拡充し、内科に救急総合診療部の選択を加え、従来プログラムの長所であるプライマリケア全般にわたりバランスよく研修することを重視するとともに、選択科ブロックを9ヶ月として個々の研修医の研修設計にも自由度を保てるよう配慮した。

特色ある領域

  • 腎臓病センター(透析57床、夜間透析あり)
    腎臓内科が運営→腎不全の透析前期から透析導入後までのシームレスな腎不全管理
  • 循環器内科:県内最大数のAMI・PCI症例
  • 整形外科:脊椎外科のメッカ!県内唯一の脊椎専門認定研修施設
  • 脳卒中領域:脳外科専門医4名の陣容
  • 小児科:小児外科との一体診療

研修内容

6ヶ月 内科(秋田厚生医療センター・秋大附属病院・能代厚生医療センター等)
(消化器内科 / 循環器内科 / 呼吸器内科 / 腎臓内科 / 血液内科 / 糖尿病 / 代謝内科より選択)
8ヶ月 選択科(秋田厚生医療センター・秋大附属病院・能代厚生医療センター等)
(基本 / 必修科含め複数科選択可能)
2ヶ月 外科(秋田厚生医療センター・秋大附属病院・能代厚生医療センター等)(消化器外科 / 脳神経外科 / 呼吸器・乳腺外科 / 小児外科)
3ヶ月 救急
救急センター1ヵ月、選択1ヶ月(外傷外科ユニット・脳卒中診療ユニット)、救急当直通年(月4回程度)*1ヶ月相当
2ヶ月 地域医療(連携病院・介護老人保健施設)
下記プログラム参加施設参照
1ヶ月 産婦人科(秋田厚生医療センター・秋大附属病院)
1ヶ月 精神科(秋田緑ヶ丘病院・秋大附属病院)
1ヶ月 小児科(秋田厚生医療センター・秋大附属病院)
1ヶ月 麻酔科(秋田厚生医療センター・秋大附属病院)

※一定期間における研修医の同一診療科への集中を避けるために、診療科の研修順序は研修医によって異なる。また、当初の12月のうち、3ヶ月以内に限り必修科目を研修することも出来る。

※共通臨床研修コース(通年)として、献血事業研修がある。ローテート科の研修と並行して行い、研修に影響が出ないよう月に1~2回、献血事業に参加して輸血療法を支える献血事業の重要性を学ぶ。

※通年の臨床研修として、各種検診・健診の実務を行う。各地域・職域の健診活動を通して、法定健診、総合健診の意義を学ぶ。この研修もローテート科の研修と並行して行い、研修に影響が出ないような体制で行う。

ローテート

プログラム参加施設

基幹型病院:秋田県厚生連  秋田厚生医療センター
協力型病院:秋田大学医学部附属病院(内科系・外科系・産婦人科・小児科・精神科)
      秋田県厚生連 北秋田市民病院(地域医療)
      秋田県厚生連 能代厚生医療センター(内科・外科・産婦人科・小児科・精神科)
      秋田県厚生連 湖東厚生病院(地域医療)
      秋田県厚生連 かづの厚生病院(内科系・外科系・地域医療)
      秋田県厚生連 由利組合総合病院(内科系・外科系・小児科・産婦人科)
      秋田県厚生連 大曲厚生医療センター(内科系・外科系・麻酔科)
      秋田県厚生連 平鹿総合病院(内科系・外科系・小児科・産婦人科)
      秋田県厚生連 雄勝中央病院(内科系・外科系・小児科・産婦人科・地域医療)
      藤原記念病院(地域医療)
      秋田緑ヶ丘病院(精神科)
      男鹿みなと市民病院(地域医療)
      横手市立大森病院(地域医療)
      羽後町立羽後病院(地域医療)
協力施設:秋田市保健所(地域医療)
      秋田中央保健所(地域医療)
      特別養護老人ホーム高清水寿光園(地域医療)
      秋田県赤十字血液センター(地域医療)

教育課程

到達目標
研修医が到達すべき行動目標と経験目標を別紙に示してあります。
勤務時間
所定勤務時間:8時30分~17時(ただし患者さんの状態などにより、必要に応じて勤務時間外においても自主的判断により勤務するものとします)
当直 有り

研修評価

研修医の評価
研修医は随時到達度を確認し、必要あれば指導医等と相談し、目標が達成できるよう努力するものとします。
各科終了時の研修医評価
研修医は各科ローテーション終了時、評価表に基づいて自己評価を行います。担当指導医はやはり評価表に基づいて評価するとともに、研修医に対して直接のフィードバックも行います。
研修管理委員会での評価
研修管理委員会では総合評価を行うとともに、必要あれば本人への直接指導も行います。
指導体制の評価
研修医は各科ローテーション終了時、評価表に基づいてその科の指導医の評価を行います。研修管理委員会では評価表に基づき、各科での指導体制を評価します。
研修プログラムの評価
研修管理委員会では提出された各種評価表や研修記録、各科指導医、研修医の意見も参考に、プログラムや研修上の問題点を定期的に評価・検討します。

プログラム修了の認定

規定の研修を修了した時点で、研修管理委員会での修了認定に基づき、病院長は修了証書を授与します。

プログラム修了後のコース

当院で更に志望各科での後期臨床研修を行うことも可能です。

◇病院見学・学生実習を希望の方は、次の項目について連絡ください。

(連絡いただきたい項目)
(1) 見学・実習の別 (2) 氏名 (3) 大学名・学年
(4) 希望(日にち・診療科・内容など具体的に) (5) 連絡先(電話・メールアドレス)
(問い合わせ先)
〒011-0948 秋田市飯島西袋一丁目1番1号 秋田厚生医療センター 総務管理課
Tel 018-880-3000 Fax 018-880-3040
E-mail:akikumi@akikumihsp.com
このページの先頭に戻る